FC2ブログ
往診もする動物病院 獣医師ドクタータガワの往診日記 タガワアニマルホームドクター エリア(奈良市 生駒市 四条畷市 木津川市 精華町 天理市 大和郡山市)犬猫 フロントライン フィラリア 予防
旧 往診専門動物病院 タガワ アニマル ホームドクター (旧タガワ アニマル クリニック)  電話 0743-71-2424 (おなじみなワン!24時24時) 090-8549-9179 tagawaanimalhomedoctor2@ybb.ne.jp

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロクランキングに参加しています! 出来れば、時間のあるとき、クリックしてもらえると助かります!



最新記事



プロフィール

morukichi

Author:morukichi
★1985年 3月

奈良県立 奈良高校卒業

★1985年 4月

東京外国語大学入学 フランス語学科入学

(在学中に1年休学し、ガラパゴス・アマゾンや中南米、中近東、西欧、アジア等50カ国をヒッチハイク等で遊学、野生動物を視察)

東京外国語大学フランス語学科国際関係課程卒業

(住友商事、ソニー、本田技研工業、日産、富士通、新日鉄等から内定をもらい、誘われるが、開発途上国の食生活を少しでも豊かにしたいという思いから世界最大のアミノ酸企業の味の素に就職決定)

★味の素㈱ 入社

・・・アトピー用アミノ酸系低刺激シャンプーなどのアミノ酸系原料の国内海外営業およびマーケティング

★タイ味の素㈱ 駐在

・・・・タイ国にて、単身でアトピー用アミノ酸系低刺激シャンプーなどのアミノ酸系原料市場開拓と事業部立上げ

★ソニー㈱ 本社 入社

・・・エナジー海外事業部海外営業部係長・・・「韓国のLGや現代Hyundaiなど財閥向け携帯電話用リチウムイオン電池の法人営業(年商80~150億円)

★動物の命を救う仕事をしたいため、北海道にて獣医学部に入学し、獣医師免許取得
(がんばる獣医学生家庭教師の会設立)

★愛知県にて獣医師として勤務
・・・一日に、30~70件の診察と2~4件の手術を担当

★往診専門動物病院タガワ アニマル クリニック設立

★往診専門動物病院タガワ アニマル ホームドクターに改名

★動物病院を生駒市に設立し、「往診もする動物病院 タガワアニマルホームドクター」とする

現在に至る



最新コメント



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



FC2カウンター

現在の閲覧者数:



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



フリーエリア



FC2ブログランキング

↓ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking



ペッツファースト

ペットショップ p's-first



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


新動物病院の案内・・・

新病院の案内をしていきますね!

↓「玄関」です。
玄関 縮小版
外から見ると意外と小さく見えるようですね。でも、中は、その3倍あるせいか、内部をご案内すると、皆さん「ひっ広~い!」と言って、驚いて下さいます。内部は、通常の店舗、3店舗分の広さがあります。ちょうど44坪です!(この前に専用駐車場が6台分あります)



↓「待合室」です。
待合室①縮小版
飼い主様にも犬ちゃん、猫ちゃんにもなるべくリラックスして頂きたく、また病院病院したくなかったので、既成概念に捕われず、テラコッタ風とタイルで南欧風に仕上げてもらいました!少しでも待ち時間が苦痛にならなければよいのですが・・・
往診で治療させて頂いた患者様から、開院当初はたくさんの高価なお花を頂きました。本当に有難うございます!お蔭様で開院当初の12月は、待合室がお花で埋め尽くされるのではないか、と思うほどでした~有難うございます!つくづく皆さんに支えられて動物病院をさせて頂いている・・と再認識する日々です。





↓「待合室」の反対側です。
待合室②縮小版
これも待ち時間の苦痛を和らげるためですが、右上に壁掛けテレビを付けました。奥にあるのは、コーヒーメーカーです。







↓第一診察室です!
診察室1 縮小版
写真では、あまり広さが伝わりませんが、圧迫感を少なくし、少しでもリラックスして頂けるよう広い診察室になっています。また、状態の悪い子に酸素を吸ってもらいながら診察できるように、酸素の配管がしてあります。






↓第二診察室です!
診察室2 縮小版
・・・各診察室には、犬ちゃんを抑えながらではなく、ゆっくりお話を聞けるようにリードフック(写真右端)を設置してあります。こちらにリードをかけて、犬ちゃんの病状をゆっくりお話ください。







↓処置室です!
処置室 縮小版
・・・こちらで、犬ちゃん、猫ちゃんの様々な処置や検査をさせて頂きます。動きやすく、作業がしやすいように広くスペースを確保してあります。







↓血液検査の機械です!
レーザーサイト 縮小版
・・・なんとレーザーを使って、赤血球を分析、更に、白血球を細かく5分類してくれます。この5分類で、犬ちゃん、猫ちゃんの病気の診断が容易になります。おそらく、動物用血球計算機としては、世界でも最高のものかと。。。定価で、なっなっなんと315万円!(良い医療機器は高いですね(涙))







↓この左側のも血液検査の機械です!
ドライケム 縮小版
いわゆる生化学検査の機械で、肝臓や腎臓等々の内臓の酵素を測ってくれます。主に、上昇している酵素から、どの内臓が痛んでいるか診断していきます。







↓レントゲン室内のレントゲン装置です!
レントゲン室 縮小版
東芝製の動物専用のものです。一般家庭の100Vの電圧で撮れるので、犬ちゃん、猫ちゃんにも必要以上に大きなX-線を当てることなく、被曝量も最小限にとどめます。もちろん一緒に保定に入る看護師さんや他のスタッフにもやさしい装置です。部屋は、レントゲンが室外にもれないように、厚い鉛で覆われているんですよ!

↓動物専用レントゲンなので、犬ちゃんか猫ちゃんを入力し、体重を入力すると、最適のレントゲン量を機械が勝手に計算して照射してくれます。本当に便利ですよね!(これも高価な機械ですが)動物にも看護師にもやさしく!がコンセプトです。
レントゲンパネル 縮小版





↓犬ちゃん専用の入院室です!
犬入院室 縮小版
広くスペースをとってあるので、まだまだ入院室を増やせます。設計段階から詳細を打ち合わせてきたので、入院室にも酸素配管をしてあります(右上の緑のジャックのところ)。状態の悪い子の部屋に、ここから酸素を送り込んで、少しでも呼吸が楽になるように配慮しています。
 入院ケージの左上には、可動式のICUになる蓋も取り付けてあります。実は、この部屋も鉛で覆われているのですよ。犬ちゃんがワンワン鳴くときの防音のためです。もちろん、右端に少し見えている窓ガラスにも鉛が入っています。
 この部屋には、実は証明を調整できるダウンライトがあります。状態の悪い子が入院しているとき・・・夜中に様子を見たいけど、電気を点けて寝ている犬ちゃんを起こしたくないと思います。そんな時、ダウンライトを少し点けて、寝ている子を起こさずに様子を観察します。
もちろん冷暖房完備です!






↓猫ちゃん専用の入院室です。
猫入院室 縮小版
まだケージが入っていませんが・・・以前往診でいろんなご家庭を回っていたとき、「大事なうちの猫が、犬ちゃんの真上に入院させられていたんです。あまりにもショックで、すぐに退院させてもらいました!重度な腎不全で、その動物病院では犬と猫の入院室は別と書いてあったのに・・・」という話を聞きました。確かに、猫ちゃんはストレスに弱い動物です。出来るだけ入院中のストレスを軽減するために、極力犬ちゃんと猫ちゃんの入院室を分けてあげたいと思い、あえて猫ちゃん専用の入院室を造りました。こちらも冷暖房完備ですし、酸素の配管がしてあります(中央左の緑のジャック)








↓トリミング室です!
トリミング室 縮小版
皮膚病の子などは、シャンプーなどに気を使わないといけません。病気の子のシャンプーは私が厳選し、信頼のおけるプロのトリマーさんにカットしてもらいます。私は、以前味の素㈱に8年間勤務し、アミノ酸系の低刺激シャンプーの開発とマーケティングに携わっていました。その経験が、こんなところで役立ちます!犬ちゃんの皮膚はヒト以上にデリケートですからね!(窓を大きくして、外からも覗けるようになっています)









↓面会室です!
面会室 縮小版
入院中の犬ちゃん、猫ちゃんと飼い主様が面会される時に使っていただきます特別室です。今まで、いろんな動物病院を見てきましたが、面会は、たいてい入院室のケージの前ですね。他の入院患者もいますし、看護師が掃除や世話を横でしていたり・・・と落ち着かないですよね。
なので、ゆっくりと他のことを気にせずに面会して頂けるように、ソファーを入れて面会用の個室を用意しました。
中央右の緑のジャック見えますか?こちらにも酸素の配管をしました。状態が悪くても、ここで酸素を吸ってもらいながら面会できます。






つづく・・・
スポンサーサイト

テーマ:動物愛護 - ジャンル:ペット




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。