FC2ブログ
往診もする動物病院 獣医師ドクタータガワの往診日記 タガワアニマルホームドクター エリア(奈良市 生駒市 四条畷市 木津川市 精華町 天理市 大和郡山市)犬猫 フロントライン フィラリア 予防
旧 往診専門動物病院 タガワ アニマル ホームドクター (旧タガワ アニマル クリニック)  電話 0743-71-2424 (おなじみなワン!24時24時) 090-8549-9179 tagawaanimalhomedoctor2@ybb.ne.jp

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロクランキングに参加しています! 出来れば、時間のあるとき、クリックしてもらえると助かります!



最新記事



プロフィール

morukichi

Author:morukichi
★1985年 3月

奈良県立 奈良高校卒業

★1985年 4月

東京外国語大学入学 フランス語学科入学

(在学中に1年休学し、ガラパゴス・アマゾンや中南米、中近東、西欧、アジア等50カ国をヒッチハイク等で遊学、野生動物を視察)

東京外国語大学フランス語学科国際関係課程卒業

(住友商事、ソニー、本田技研工業、日産、富士通、新日鉄等から内定をもらい、誘われるが、開発途上国の食生活を少しでも豊かにしたいという思いから世界最大のアミノ酸企業の味の素に就職決定)

★味の素㈱ 入社

・・・アトピー用アミノ酸系低刺激シャンプーなどのアミノ酸系原料の国内海外営業およびマーケティング

★タイ味の素㈱ 駐在

・・・・タイ国にて、単身でアトピー用アミノ酸系低刺激シャンプーなどのアミノ酸系原料市場開拓と事業部立上げ

★ソニー㈱ 本社 入社

・・・エナジー海外事業部海外営業部係長・・・「韓国のLGや現代Hyundaiなど財閥向け携帯電話用リチウムイオン電池の法人営業(年商80~150億円)

★動物の命を救う仕事をしたいため、北海道にて獣医学部に入学し、獣医師免許取得
(がんばる獣医学生家庭教師の会設立)

★愛知県にて獣医師として勤務
・・・一日に、30~70件の診察と2~4件の手術を担当

★往診専門動物病院タガワ アニマル クリニック設立

★往診専門動物病院タガワ アニマル ホームドクターに改名

★動物病院を生駒市に設立し、「往診もする動物病院 タガワアニマルホームドクター」とする

現在に至る



最新コメント



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



FC2カウンター

現在の閲覧者数:



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



フリーエリア



FC2ブログランキング

↓ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking



ペッツファースト

ペットショップ p's-first



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ワクチンについてのご質問がありました・・・

はじめまして。
初めてブログを一通り読ませて頂きました。
現在、1才8ヶ月のダックスの兄弟を飼っています。
今の所、元気で病気をしていません。
実家の大切なダックスが先週16才で亡くなりました。
家族で最後まで看取ることができました。
今いる二匹も大切にして長生きさせてやりたいと思っています。

我が家の犬は不潔な環境にいたこともあって、我が家に来た時は、皮膚が弱いのかな?という感じでした。
今は綺麗です。

色んなサイトで、獣医さんの良し悪しが語られています。その中で、日本は金儲けの為に、毎年のワクチン接種をさせている(外国では3年に一回?)とか、必要以上に薬を処方するなどというものがありました。
犬の事を大切にされていると思える方のサイトだったので、私は信用しました。

こちらのブログを拝見して、是非、先生のお考えを教えて頂きたいと思いました。

飼った当初の皮膚から、あまりキツい事は向かないのではと思いました。それもあり、予防接種は3年に一度にしようかと思っていた所です。
フィラリア予防はきちんとしますが!

先生は如何思われますでしょうか?
また、先生にかかる場合は、予防接種においても往診して頂くのでしょうか?

長くなりましたが、よろしくお願い致します



→ココ&ルイさん、はじめまして。

タガワ アニマル ホームドクターの獣医師、多川です。

お問い合わせの件について、私の考えを書かせていただきます。

①まず、皮膚が弱いからワクチンに向かないということは、ほぼ無関係かと思います。それよりも、ワクチンに対するアレルギー体質の子がいます。そんなに多いわけではないのですが、ワクチン後のアナフィラキシーショック(ぐったりしたり、呼吸が苦しそうになったり、激しく吐いたり、震えだしたり)等を起こす体質の子は、ワクチンを打つことを再検討される方がよいと思います。

そういう症状がない子に対しては、皮膚が弱いから等他の症状とは基本的には無関係だと思ってください。

もちろんワクチンアレルギーの一症状として、ワクチン直後に皮膚の痒み等が出るのであれば、それも再検討の余地があります。

②ワクチンには、今はだいたい5~9種までの混合ワクチンが多いと思います。

もともとワクチンは防御率100%のものではない、と考えてください。個人差もありますし。その何種類のワクチンが一緒に入っているのが混合ワクチンです。一度打つと、(個人差はありますが)3年位抗体がもつものもあります。

一方、レプトスピラ等で半年ほどで抗体が消滅してしまうものもあります。つまり一種一種において、一度ワクチンを打つと抗体の持ちが違うのです。その中で、どこに照準を合わせるかの問題になりますし、飼主さんがどこまで防御してあげたいかにもよって変わってきます。

実際日本では今のところ1年、アメリカ等では3年とその基準が違っています。確かに、獣医業界は(人間の医者の世界も一部)、儲け手技でモラルの低い世界です。ですので、病院の利益のために言っているのか、実際にそうなのかを見抜いていく必要があります。

まず確実に言えることは、一年目は最低二回(できれば3回)のワクチンは絶対打つべきです。一年目は非常にウィルス等に弱く、パルボ等でも90%近くが死んでしまいます。(私自身、実際にブリーダーで大発生して点滴しても死んでいくのを見て、辛い思いをしたことがありますから)。

あと、可能であれば、しっかりと抗体を付けるために2~3才までは一年に一回位打って、それ以降はご自分のポリシーを重視されてもよいかと思います。

ワクチンによって出来る抗体は、ある日急になくなるのではなく、徐々に毎日毎日少しずつ弱まっていくと考えてください。つまり1年や3年というある日デジタルに突然になくなるのではなく、徐々に徐々にアナログ的に消失していくものなのです。個人差もあります。

因みに私の実家の犬は基本毎年、たまに少しずれる程度では打っています。万が一、ワクチンアレルギーのひどい場合は、打つことのリスクと打たないことのリスクを天秤にかけて判断していくのがよいと思います。

その判断材料を獣医師が提供して、最終判断は飼主さんがするべきでしょう。私の場合、ワクチンアレルギーでありながら、ドッグラン、トリミング等で必要だからどうしても打ちたいという方には、十分なショック止め処置を事前にしながら打つようにしています。今のところ、その処置をしてから症状が出た子は経験していません。

③当院は、現時点では、混合ワクチンもフィラリア血液検査も狂犬病も全て往診で行なっています。ブログにも書いていますが、現在病院も開設しつつ往診もする体制を準備中です。年内には、飼主さんの選択によって選んで頂けるようになると思います。

なおわかりにくようでしたら、お電話頂ければ、もう少しわかりやすく説明させて頂きます。よろしくお願いします。 

タガワ アニマル ホームドクター 獣医師 多川



ありがとうございます!
とてもわかりやすい説明、ありがとうございました!
やたら心配になる内容を見てしまうと、打つのも打たないのも心配になるものだと思いました。

先生の説明で自分なりに納得ができました。
また、しばらくはワクチン接種をしようと思います。

接種の際には、よろしくお願い致します。
先生のような方がいらっしゃると、大変心強いです。
本当に、ありがとうございました!
 ←ブログランキングに参加しています! 励みになりますので、ワンクリックお願いします。
スポンサーサイト

テーマ:動物愛護 - ジャンル:ペット




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。