FC2ブログ
往診もする動物病院 獣医師ドクタータガワの往診日記 タガワアニマルホームドクター エリア(奈良市 生駒市 四条畷市 木津川市 精華町 天理市 大和郡山市)犬猫 フロントライン フィラリア 予防
旧 往診専門動物病院 タガワ アニマル ホームドクター (旧タガワ アニマル クリニック)  電話 0743-71-2424 (おなじみなワン!24時24時) 090-8549-9179 tagawaanimalhomedoctor2@ybb.ne.jp

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロクランキングに参加しています! 出来れば、時間のあるとき、クリックしてもらえると助かります!



最新記事



プロフィール

morukichi

Author:morukichi
★1985年 3月

奈良県立 奈良高校卒業

★1985年 4月

東京外国語大学入学 フランス語学科入学

(在学中に1年休学し、ガラパゴス・アマゾンや中南米、中近東、西欧、アジア等50カ国をヒッチハイク等で遊学、野生動物を視察)

東京外国語大学フランス語学科国際関係課程卒業

(住友商事、ソニー、本田技研工業、日産、富士通、新日鉄等から内定をもらい、誘われるが、開発途上国の食生活を少しでも豊かにしたいという思いから世界最大のアミノ酸企業の味の素に就職決定)

★味の素㈱ 入社

・・・アトピー用アミノ酸系低刺激シャンプーなどのアミノ酸系原料の国内海外営業およびマーケティング

★タイ味の素㈱ 駐在

・・・・タイ国にて、単身でアトピー用アミノ酸系低刺激シャンプーなどのアミノ酸系原料市場開拓と事業部立上げ

★ソニー㈱ 本社 入社

・・・エナジー海外事業部海外営業部係長・・・「韓国のLGや現代Hyundaiなど財閥向け携帯電話用リチウムイオン電池の法人営業(年商80~150億円)

★動物の命を救う仕事をしたいため、北海道にて獣医学部に入学し、獣医師免許取得
(がんばる獣医学生家庭教師の会設立)

★愛知県にて獣医師として勤務
・・・一日に、30~70件の診察と2~4件の手術を担当

★往診専門動物病院タガワ アニマル クリニック設立

★往診専門動物病院タガワ アニマル ホームドクターに改名

★動物病院を生駒市に設立し、「往診もする動物病院 タガワアニマルホームドクター」とする

現在に至る



最新コメント



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



FC2カウンター

現在の閲覧者数:



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



フリーエリア



FC2ブログランキング

↓ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking



ペッツファースト

ペットショップ p's-first



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


★魂を売ってしまう獣医さんたち


長らくご無沙汰してしまいました。久々に書きます。

先日、こういう話が、うちに来られた飼い主さんから出ました。

「あるチェーン店のペットショップで新しく犬を買ったんだけど、1カ月経ってから、遺伝病があることがわかってね~。それで、ペットショップにクレームしたら、『すいません。では、別の犬と交換します』って言われたんですよ。でも一か月も経っていたら、情が移るよね。ハイ交換!なんてわけにはいかないですよ。」

この飼い主さんの言われることは、もっともなことです。
一度家庭に入った子たちは、既に家族なんですもんね。「モノ」ではありません。「モノ」ではないから、買った金額以上のお金がかかっても動物病院に連れていくんですよね。ある意味、その飼い主さんにとっては、自分の子供と同じなんですよ。

ただ、一つ疑問に思うのは、なぜ「交換」なのか? なぜお金を「返金」しないのか?
です。
そういう飼い主さんの感情を見越して、そういうあたかも誠意のある風なことを言っている気がします。
おそらく、たいていのオーナーさんは、そう言われると、誠意を感じ、仕方ないか、と泣き寝入りされるんだと思います。

もし、まだ購入して日が浅いとして、交換を希望されるオーナーさんがいたとしても、彼らとしては全額返金するより、利益が確保できるから、「返金」ではなく「交換」を提示するんでしょうね。

ところで、話題は少しそれますが、最近は、ペットショップが動物病院を運営するケースが増えてきました。
以前、当院に面接に来た看護師がいました。
その子は、以前ペットショップが運営する動物病院に勤めていたので、

「どうして、そこの動物病院を辞めたの?」

と質問してみました。

すると、
「実は、その動物病院は、ペットショップの子会社ですから、そのペットショップで新しく子犬を買われると、その動物病院を推薦するんです。しかも、その動物病院での治療費なんかもポイントが付いて、またそのペットショップの商品交換に使えるんです。」

完全な囲い込み商法なんでしょうね。
まあ、そこまでは、違法なことではないので、いいでしょう。

「あるとき、そのペットショップで犬を買ったオーナーさんが、家に来てしばらくしたら、嘔吐と下血をして、その動物病院に来たんです。診断の結果は、「パルボウイルス感染症」とのこと。その時、その動物病院の獣医師たちの説明は『ご自宅に移られてから発症しているので、ご自宅で感染されたのですね』と。でも、その飼い主さんは、その子をペットショップから連れ帰ってから一度も外に連れ出していないんです。明らかにペットショップで感染していたのが、自宅に来てから発症したんです。それを獣医師も看護師も一丸となってもみ消したのが嫌で辞めました」

確かに、パルボウイルス感染症という病気は、子犬の時にかかってしまうと、治療をしても、かなりの確率で死に至る怖い病気です。
理論上、自宅に他の犬がいなくても、飼い主が外に出て、パルボウイルスで死にかけている犬の便を触り、手を洗わずに帰り、その子にその手を舐めさせたら、うつるでしょう。でも、そのようなスチュエーションは、まずありえないでしょう。
私なら、99.9%ペットショップで既に感染し、しばしの潜伏期間があったと考えます。

でも、ペットショップが親会社の動物病院では、そのペットショップをかばうような嘘をつかざるを得ないのでしょう。

ただ、そこで働く獣医師たちも、獣医大学に入る時点から、そうだったのでしょうか?
いえ、違うでしょう。。。
テレビの熱血獣医や自分の愛犬を救ってくれた動物病院の獣医師に憧れて、勉強を頑張り、獣医学部に入ったのではないでしょうか?
でも、ペットショップが経営する動物病院で働くということは、こういうことを意味するんでしょうね。
ある意味、魂を売ってしまったようなもんです。
極端な言い方をすれば、人間のお医者さんが、人身売買や臓器売買をしている組織に雇われるようなもの。
言い過ぎだと思う方もおられるかもしれません。でも、どうでしょう? 例えば、ペットショップで、生まれつきの先天性の奇形をもった子が売られていますか?いませんよね。
ブリーダーやペットショップの中には、そういう奇形の犬が生まれたら、売り物にならないからすぐに抹殺してしまうのが大部分だ、という話を聞いたことがあります。人身売買、臓器売買をしている組織とあまりかわりませんよね。
もちろん、ブリーダーやペットショップの中でも、そういう奇形の子が生まれても、売り物にならないから自分で育てている方もいますし、私も実際に知っています。ただ、そういう方は、商売にならないので、結局ブリーダーをやめてしまわれるのがほとんどです。

医者や最近の獣医師は、すごい量の授業と試験をこなして大学を卒業します。社会に出た途端に、『先生!』『先生!』と呼ばれます。医療の勉強をしても、倫理観が養われたり、社会的な視野が広まったりはしません。それは、経験者だからわかります。だから、就職先の動物病院の院長やポリシーがどういうものか、次第になってしまいます。極端な話、世の中の善悪も全て、最初に就職した動物病院で学んでしまいます。かなり恐ろしいです。


スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。