FC2ブログ
往診もする動物病院 獣医師ドクタータガワの往診日記 タガワアニマルホームドクター エリア(奈良市 生駒市 四条畷市 木津川市 精華町 天理市 大和郡山市)犬猫 フロントライン フィラリア 予防
旧 往診専門動物病院 タガワ アニマル ホームドクター (旧タガワ アニマル クリニック)  電話 0743-71-2424 (おなじみなワン!24時24時) 090-8549-9179 tagawaanimalhomedoctor2@ybb.ne.jp

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロクランキングに参加しています! 出来れば、時間のあるとき、クリックしてもらえると助かります!



最新記事



プロフィール

morukichi

Author:morukichi
★1985年 3月

奈良県立 奈良高校卒業

★1985年 4月

東京外国語大学入学 フランス語学科入学

(在学中に1年休学し、ガラパゴス・アマゾンや中南米、中近東、西欧、アジア等50カ国をヒッチハイク等で遊学、野生動物を視察)

東京外国語大学フランス語学科国際関係課程卒業

(住友商事、ソニー、本田技研工業、日産、富士通、新日鉄等から内定をもらい、誘われるが、開発途上国の食生活を少しでも豊かにしたいという思いから世界最大のアミノ酸企業の味の素に就職決定)

★味の素㈱ 入社

・・・アトピー用アミノ酸系低刺激シャンプーなどのアミノ酸系原料の国内海外営業およびマーケティング

★タイ味の素㈱ 駐在

・・・・タイ国にて、単身でアトピー用アミノ酸系低刺激シャンプーなどのアミノ酸系原料市場開拓と事業部立上げ

★ソニー㈱ 本社 入社

・・・エナジー海外事業部海外営業部係長・・・「韓国のLGや現代Hyundaiなど財閥向け携帯電話用リチウムイオン電池の法人営業(年商80~150億円)

★動物の命を救う仕事をしたいため、北海道にて獣医学部に入学し、獣医師免許取得
(がんばる獣医学生家庭教師の会設立)

★愛知県にて獣医師として勤務
・・・一日に、30~70件の診察と2~4件の手術を担当

★往診専門動物病院タガワ アニマル クリニック設立

★往診専門動物病院タガワ アニマル ホームドクターに改名

★動物病院を生駒市に設立し、「往診もする動物病院 タガワアニマルホームドクター」とする

現在に至る



最新コメント



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



FC2カウンター

現在の閲覧者数:



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



フリーエリア



FC2ブログランキング

↓ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking



ペッツファースト

ペットショップ p's-first



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


椎間板ヘルニアで下半身麻痺していた、ロコちゃん! 

8月4日に、久しぶりに飼い主さんとやってきた、ロコちゃん!!
あーあー、見事に椎間板ヘルニアの症状です。
下半身が麻痺していて、後ろ足が両方とも立てません。
前足だけで歩き、後ろ足を引きずって歩いています。後ろ足は、ひっくり返ったまま。。。
おまけにおしっこも自分で出せません。おしっこを出す神経まで麻痺してしまっているのです。これは、結構危険です。
おしっこが出せないと、どんどんおしっこが溜まってしまい、そのうち膀胱が破裂してしまう危険すらあります。

DSC_0142_convert_20140905175526.jpg

早速治療に入らないと、麻痺が残ってしまい、歩けなくなってしまいます。
通常の動物病院であれば、すぐに全身麻酔をかけ、背中の骨を削って、椎間板を取り出す手術をしますが、治る確率は、発表にもよりますが、低ければ30~40%という話もあります。

当院では、独自の方法で、内科治療で治していきます。今まで20頭以上の犬ちゃんをこの方法で治してきました。
1頭の犬ちゃんだけは、発症してからの時間が経ちすぎていたので、おしっこも出せない状態の完全な麻痺から、おしっこができ、足も動かせ、時々立てるくらいまでの改善でしたが、他の犬ちゃんは、みな今も元気に歩いています。

全身麻酔のリスクもなく、95%以上のかなりの高確率で歩けるようになるので、犬ちゃんへの負担はかなり少なくなります。


DSC_0148_convert_20140905175633.jpg

ロコちゃんの場合は、段差から落ちたり、何かに飛び乗ったりしたわけではなく、娘さんが食器で遊んでいて大きな音をたててしまった直後にみたら、下半身が麻痺していたとのこと。
よほど驚いて飛び上がったのでしょうか?
いつもは、春に元気に予防だけで来る犬ちゃんのイメージしかなかったので、かわいそうでした。
なんとか、歩けるように治してあげたい!その一心でスタッフ皆で頑張りました。
もちろん、お母さんも京都から片道40分かけて、毎日毎日通ってくださいました。こういう家族のうちに生まれて、ロコちゃんは幸せものです。

DSC_0158_convert_20140905175656.jpg


お母さんの通院の努力のかいあって、ロコちゃん、ちゃんと歩けるようになりました。
医療に100%はありません。まして当院の内科で椎間板ヘルニアを治すというのは、当院で考え出したオリジナルの手法です。どんなに実績があっても、いつも今回はうまく行くんだろうか?と不安がつきまといます。
でも、ロコちゃんが歩けるようになって、本当によかった。

それからロコちゃんのいいところは、毎日動物病院内で注射ばかりされているのに、当院を嫌いになるどころか、毎朝、お母さんに「早く動物病院行こうよ!」って尾を振りながら、喜んで催促するそうです(治してもらっていることがわかってくれていれば更によいのですが(笑))。
そういうロコちゃん、本当にかわいいと思います。
これからも元気に過ごして、ご家族の癒しになってあげてください!!



P1030194_convert_20140905175859.jpg

DSC_0190_convert_20140905175834.jpg

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。