FC2ブログ
往診もする動物病院 獣医師ドクタータガワの往診日記 タガワアニマルホームドクター エリア(奈良市 生駒市 四条畷市 木津川市 精華町 天理市 大和郡山市)犬猫 フロントライン フィラリア 予防
旧 往診専門動物病院 タガワ アニマル ホームドクター (旧タガワ アニマル クリニック)  電話 0743-71-2424 (おなじみなワン!24時24時) 090-8549-9179 tagawaanimalhomedoctor2@ybb.ne.jp

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロクランキングに参加しています! 出来れば、時間のあるとき、クリックしてもらえると助かります!



最新記事



プロフィール

morukichi

Author:morukichi
★1985年 3月

奈良県立 奈良高校卒業

★1985年 4月

東京外国語大学入学 フランス語学科入学

(在学中に1年休学し、ガラパゴス・アマゾンや中南米、中近東、西欧、アジア等50カ国をヒッチハイク等で遊学、野生動物を視察)

東京外国語大学フランス語学科国際関係課程卒業

(住友商事、ソニー、本田技研工業、日産、富士通、新日鉄等から内定をもらい、誘われるが、開発途上国の食生活を少しでも豊かにしたいという思いから世界最大のアミノ酸企業の味の素に就職決定)

★味の素㈱ 入社

・・・アトピー用アミノ酸系低刺激シャンプーなどのアミノ酸系原料の国内海外営業およびマーケティング

★タイ味の素㈱ 駐在

・・・・タイ国にて、単身でアトピー用アミノ酸系低刺激シャンプーなどのアミノ酸系原料市場開拓と事業部立上げ

★ソニー㈱ 本社 入社

・・・エナジー海外事業部海外営業部係長・・・「韓国のLGや現代Hyundaiなど財閥向け携帯電話用リチウムイオン電池の法人営業(年商80~150億円)

★動物の命を救う仕事をしたいため、北海道にて獣医学部に入学し、獣医師免許取得
(がんばる獣医学生家庭教師の会設立)

★愛知県にて獣医師として勤務
・・・一日に、30~70件の診察と2~4件の手術を担当

★往診専門動物病院タガワ アニマル クリニック設立

★往診専門動物病院タガワ アニマル ホームドクターに改名

★動物病院を生駒市に設立し、「往診もする動物病院 タガワアニマルホームドクター」とする

現在に至る



最新コメント



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



FC2カウンター

現在の閲覧者数:



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



フリーエリア



FC2ブログランキング

↓ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking



ペッツファースト

ペットショップ p's-first



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


末期の犬ちゃん、猫ちゃんの看取り方

今日、朝、病院の電話が鳴りました。

「先週、散歩中に突然倒れ、かかりつけの動物病院に連れて行き、CTを撮り、脳腫瘍があり、脳出血もあると言われた。その後、しばらく入院したが、改善せず、もう今日明日の命だから、自宅で看取って欲しいと言われて、家に引き取った。でも、苦しそうにしているから、かかりつけの動物病院に、往診で点滴をして欲しいと頼んだけど、うちは往診をしていないと断られた。だから、多川先生のところで往診してもらえないだろうか?」とのこと。

動物は、自分の症状や痛み、苦しさを言葉で訴えることができない。だから、動物の治療には、憶測や推察が必要となり、症状を口に出せる人間の治療より難しいと思う。だから、生まれてから週末を迎えるまで、同じ動物病院で、同じ獣医師に、ずっと見守ってもらう方が、その微妙な変化にも気づいてもらうこともでき、動物本人も飼い主さんも安心して最後まで治療を託せる。

人間と違い、公的な健康保険制度がない動物医療は、ワクチン、フィラリア薬、ノミダニ予防薬等の予防から頂くお金で維持されていると言っても過言ではない。10年以上、かかりつけになってくれて、その動物病院を支えてくれた動物たちとその飼い主に、感謝の気持ちを持ち、最後は、「往診」をしてあげて欲しい。
それは、私は、動物病院と獣医師の義務であると思う。かかりつけの子たちの最後を飼い主と一緒に自宅で看取ってあげることは。。。まして、獣医師を何人も雇っている動物病院では、不可能なことではないはずである。やる気の問題である。

今は、当院でも、かかりつけの子以外の往診は断るようにしている。
元々のその子の状態も知らず、症状を訴えることが出来ない患者を突然治療することは、同時に危険を伴うからである。
が、今日は、電話口でのお母さんの落胆ぶりを聞いた瞬間、なんとか時間を調整して往診に行ってあげることにした。
もちろん、血液検査のデータすらもらっていないようなので、すべて推察の中であるが、往診して点滴をしてあげ、注射をしてあげることで、その子が少しでも楽になり、見守っているお母さんの気持ちが楽になればいい、、と思って。

なんとか、時間をやりくりして、車で往診に出る。夕方の診察に間に合うように帰ってこないといけないから、大慌てだ。
お母さんとしばらく話をし、点滴をしてあげると、呼吸がかなり楽になったように見えた。注射もしてあげると、更に楽になったようで、うんちも出せた。

これでいいんだろうか。。。やはりかかつけの先生に来てもらった方が、飼い主さんは、安心なんじゃないだろうか。。。
スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://104733.blog41.fc2.com/tb.php/108-b351d73d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。