FC2ブログ
往診もする動物病院 獣医師ドクタータガワの往診日記 タガワアニマルホームドクター エリア(奈良市 生駒市 四条畷市 木津川市 精華町 天理市 大和郡山市)犬猫 フロントライン フィラリア 予防
旧 往診専門動物病院 タガワ アニマル ホームドクター (旧タガワ アニマル クリニック)  電話 0743-71-2424 (おなじみなワン!24時24時) 090-8549-9179 tagawaanimalhomedoctor2@ybb.ne.jp

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロクランキングに参加しています! 出来れば、時間のあるとき、クリックしてもらえると助かります!



最新記事



プロフィール

morukichi

Author:morukichi
★1985年 3月

奈良県立 奈良高校卒業

★1985年 4月

東京外国語大学入学 フランス語学科入学

(在学中に1年休学し、ガラパゴス・アマゾンや中南米、中近東、西欧、アジア等50カ国をヒッチハイク等で遊学、野生動物を視察)

東京外国語大学フランス語学科国際関係課程卒業

(住友商事、ソニー、本田技研工業、日産、富士通、新日鉄等から内定をもらい、誘われるが、開発途上国の食生活を少しでも豊かにしたいという思いから世界最大のアミノ酸企業の味の素に就職決定)

★味の素㈱ 入社

・・・アトピー用アミノ酸系低刺激シャンプーなどのアミノ酸系原料の国内海外営業およびマーケティング

★タイ味の素㈱ 駐在

・・・・タイ国にて、単身でアトピー用アミノ酸系低刺激シャンプーなどのアミノ酸系原料市場開拓と事業部立上げ

★ソニー㈱ 本社 入社

・・・エナジー海外事業部海外営業部係長・・・「韓国のLGや現代Hyundaiなど財閥向け携帯電話用リチウムイオン電池の法人営業(年商80~150億円)

★動物の命を救う仕事をしたいため、北海道にて獣医学部に入学し、獣医師免許取得
(がんばる獣医学生家庭教師の会設立)

★愛知県にて獣医師として勤務
・・・一日に、30~70件の診察と2~4件の手術を担当

★往診専門動物病院タガワ アニマル クリニック設立

★往診専門動物病院タガワ アニマル ホームドクターに改名

★動物病院を生駒市に設立し、「往診もする動物病院 タガワアニマルホームドクター」とする

現在に至る



最新コメント



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



FC2カウンター

現在の閲覧者数:



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



フリーエリア



FC2ブログランキング

↓ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking



ペッツファースト

ペットショップ p's-first



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


お盆休み最終日の大パニックから元気になりました!

縮小版

お盆休み最後の8月16日19時頃・・・
院内の電話がけたたましく鳴り響きました。

「うちの犬が、、、今朝まで元気だったのに、夕方家に帰ると、
激しく嘔吐し続け、よだれを流しながら、へたり込んで立ち上がれなくなっているんです!!

普段、家で失禁しないのに、家の中でおもらしまでしていて。

かかりつけの動物病院に電話したのですが、つながらなくて困っているんです・・・」

と、お母さんからのうろたえた電話。

「首が傾いていませんか?」と私。
「えぇぇ、左に傾いています。」とお母さん。

お母さんがパニックになっている様子でしたので、
急ぎ医療用の薬の大箱3箱と診察器具を積み込み、
3才と7才の子供を急ぎ車に放り込み、往診してあげることにしました。
(保育園の休みの日や夜の往診は、子供を家に置いておけないので、
家族総出での往診となってしまいます。子供二人は、診察中の2~3時間、車の中で遊びながら待機。)

診察すると、目が眼振(黒目が左右に激しく揺れ動く)しています。
このような症状の子は、意外に多く、年に往診でも5~10頭程治療します。

これは、左右の耳の奥にある前庭というところにある「三半規管」という所が障害を受けている病気です。
よくあるのは、耳垢がたまっていることに飼主さんが気付かず、外耳炎をほっておいて、
ある日突然グルグルと円を描いて回りだしたり、
片方側へ転げまわったり、
部屋の隅の隙間に頭を突っ込んでいったり、
と、
症状の出かたは様々ですが、
原因はいずれも三半規管に問題があるのです。

外耳炎の場合は、耳に繁殖した細菌や酵母が主な原因です。
湿気と耳垢の脂分が大好きな細菌と酵母は、耳の垂れた犬種の子で繁殖しやすいのですが、
耳の立った犬種の子でも、老化とともに、自浄作用がなくなり、
ある日突然回りだしたりします。

要因は前からあっても、
犬は「最近、耳垢がたまっていて、かゆいねん!お母さん、ちょっと掃除してくれへんかなぁ?」
としゃべりませんので、
激しい症状はある日突然のことが多く、飼主さんとしては、かなり驚かれます。

K君の場合は、多少のブドウ球菌が検出されましたが、耳は結構きれいでした。
その前庭疾患の中には、《特発性(=原因未解明》のものもあり、
何かの拍子にその三半規管が壊れてしまうことがあるのです。

K君の首は45度以上傾いており、
特に嘔吐が激しく、水を飲んでも吐くというのが一週間も続き、
食事をしても吐かなくなるまで8日もかかりました。
その間、ずっと点滴で脱水を予防しつつの治療でしたが、
その後元気に回復していってくれました。

上の写真は、その3週間後の9月8日に撮影したものです。
ほぼ頭の傾きも軽減されています。

K君、実は心臓も悪く、初診の時に雑音があることもわかりました(かかりつけの獣医さん、春の診察で聴診したのかなぁ?)

心臓のお薬も飲み始めたところ、
今回の病気をする前以上に元気になり、
以前は一日1~3回だった散歩を5回も連れて行けと要求するようになって、
更に、夏前まで散歩中にハーハーと息苦しそうになっていたのが、全く無くなったそうです。

もともと、人間の食べるものを食べていたので、
心臓用の処方食をなかなか食べてくれないので、困りものです。
ご家族の夕食の度に、テーブルの下に来て、
じっと無言の催促をするようですが、
お母さんには、葛藤の末、心を鬼にして与えないようにしてもらっています。
すると、あきらめて、だいぶ経ってから、しぶしぶ食べているようです。

治療からそろそろ二ヶ月経ちます。
K君は、もともと他人に吠える犬だったそうですが、

頭がいいなぁと思うのは、
私には一度も攻撃的にはならず、
聴診器をあて始めると、じっと固まり、
体温計をお尻に入れても、おとなしくしており、
診察の最後の体温計が終わると、
「はい、やりたいことはやったよね、先生。じゃぁ、終わり!」
といって、勝手に診察の終わりを決めて立ち去ってしまいます。

なんか頭の良さと微妙な割り切り具合が面白いK君です。


ご家族の愛につつまれ、家の中をのびのび幸せに暮らしている17才のK君です。。。
 ←ブログランキングに参加しています! 励みになりますので、ワンクリックお願いします。
スポンサーサイト

テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://104733.blog41.fc2.com/tb.php/24-01c98f3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。