FC2ブログ
往診もする動物病院 獣医師ドクタータガワの往診日記 タガワアニマルホームドクター エリア(奈良市 生駒市 四条畷市 木津川市 精華町 天理市 大和郡山市)犬猫 フロントライン フィラリア 予防
旧 往診専門動物病院 タガワ アニマル ホームドクター (旧タガワ アニマル クリニック)  電話 0743-71-2424 (おなじみなワン!24時24時) 090-8549-9179 tagawaanimalhomedoctor2@ybb.ne.jp

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロクランキングに参加しています! 出来れば、時間のあるとき、クリックしてもらえると助かります!



最新記事



プロフィール

morukichi

Author:morukichi
★1985年 3月

奈良県立 奈良高校卒業

★1985年 4月

東京外国語大学入学 フランス語学科入学

(在学中に1年休学し、ガラパゴス・アマゾンや中南米、中近東、西欧、アジア等50カ国をヒッチハイク等で遊学、野生動物を視察)

東京外国語大学フランス語学科国際関係課程卒業

(住友商事、ソニー、本田技研工業、日産、富士通、新日鉄等から内定をもらい、誘われるが、開発途上国の食生活を少しでも豊かにしたいという思いから世界最大のアミノ酸企業の味の素に就職決定)

★味の素㈱ 入社

・・・アトピー用アミノ酸系低刺激シャンプーなどのアミノ酸系原料の国内海外営業およびマーケティング

★タイ味の素㈱ 駐在

・・・・タイ国にて、単身でアトピー用アミノ酸系低刺激シャンプーなどのアミノ酸系原料市場開拓と事業部立上げ

★ソニー㈱ 本社 入社

・・・エナジー海外事業部海外営業部係長・・・「韓国のLGや現代Hyundaiなど財閥向け携帯電話用リチウムイオン電池の法人営業(年商80~150億円)

★動物の命を救う仕事をしたいため、北海道にて獣医学部に入学し、獣医師免許取得
(がんばる獣医学生家庭教師の会設立)

★愛知県にて獣医師として勤務
・・・一日に、30~70件の診察と2~4件の手術を担当

★往診専門動物病院タガワ アニマル クリニック設立

★往診専門動物病院タガワ アニマル ホームドクターに改名

★動物病院を生駒市に設立し、「往診もする動物病院 タガワアニマルホームドクター」とする

現在に至る



最新コメント



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



FC2カウンター

現在の閲覧者数:



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



フリーエリア



FC2ブログランキング

↓ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking



ペッツファースト

ペットショップ p's-first



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日のNHKの「追跡!A to Z」

今日のNHKの「追跡!A to Z」を見ましたか?

日本は物質的には先進国とされていますが、ペット文化、はたまた精神文化としては、
いかに開発途上国であるかということが映し出されていたと思います。

私もこの業界に入る前には、
ここまでひどい現実を認識していなかったので、偉そうなことは言えませんが、

日本のブリーダーの倫理観はひどすぎます。
また、それを(私たちの税金で生活しているのだから取り締まって当然の)保健所の怠慢もひどいものです。

番組では、ペット先進国のドイツとの比較がなされていましたが、
①ブリーダーの飼ってよい頭数は、ドイツでは10頭まで、日本は無制限
②子犬を母犬から引き離してよいのは、ドイツでは8週令以上、日本では「適切な期間?」
③ドイツでは、子犬をペットショップで販売してはいけないが、日本では自由

結果、ドイツでは、保健所で犬猫の殺処分は行われていない。

これだけみても、日本のレベルの低さがわかります。

私の知っている範囲ですが、
日本のブリーダーと呼ばれる人種の大部分は、
犬をお金儲けの道具としか考えておらず、
その飼い方は・・・50~100頭を一人のブリーダーが、ケージに閉じ込めて、
飼い続け、(もちろん散歩になどは行かず、病気になっても獣医に診せず、フィラリア予防もしない)

飼い方、衛生状態としては、
(いわゆる卵を産ませるニワトリの)レイヤーやブロイラーよりはるかにひどいもの。

山積みのケージを窓もない暗い部屋に山積みにし、
光もろくに入らない部屋でひたすら子供を産ませる。

また、そういうブリーダーと提携して儲ける獣医のいかに多いことか!
子犬を数多く得るための目的のためだけに、
必要ではないのに、毎回帝王切開をしたがるブリーダーとそれで稼ぐ獣医などなど・・・

以前、
あまりにもひどい飼い方をしているブリーダーがあったので、
奈良の保健所に指導に入るように提言したことがあります。

が、その保健所に勤務する女性獣医師は、
「前回視察に行ったときは、問題ありませんでした。多川先生が行かれて改善したのではないですか?」
と平気で言います。

なぜでしょう?
それは、そうです。だって、抜き打ち検査ではなく、
保健所は、事前に「いついつ検査に行きますから」
と事前連絡してから行くのですから。
ブリーダーも動物愛語法の検査に通るように
それまでに掃除したりして準備をするわけです。

つまり、お役所である保健所職員は、仕事がしたくないのです。
給料は決まっているので、余計なことには首を突っ込みたくないのです。
だから、審査に行くまでに、「見た目上検査に通るように体裁を整えておいてくださいね!」
と事前に言っているようなものです。

おそろしいでしょう、こうして私たちが汗水流して支払っている
日々の消費税などの税金を垂れ流しているのですから・・・
まだまだ「事業仕分け」のする分野は」多々あります。

ペットは、欧州のように、本当に大事に飼える人にしか手渡さないというルールを作っていくべきではないでしょうか?
 ←ブログランキングに参加しています! 励みになりますので、ワンクリックお願いします。
スポンサーサイト

テーマ:動物愛護 - ジャンル:ペット


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://104733.blog41.fc2.com/tb.php/34-9ae1b3e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。