FC2ブログ
往診もする動物病院 獣医師ドクタータガワの往診日記 タガワアニマルホームドクター エリア(奈良市 生駒市 四条畷市 木津川市 精華町 天理市 大和郡山市)犬猫 フロントライン フィラリア 予防
旧 往診専門動物病院 タガワ アニマル ホームドクター (旧タガワ アニマル クリニック)  電話 0743-71-2424 (おなじみなワン!24時24時) 090-8549-9179 tagawaanimalhomedoctor2@ybb.ne.jp

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロクランキングに参加しています! 出来れば、時間のあるとき、クリックしてもらえると助かります!



最新記事



プロフィール

morukichi

Author:morukichi
★1985年 3月

奈良県立 奈良高校卒業

★1985年 4月

東京外国語大学入学 フランス語学科入学

(在学中に1年休学し、ガラパゴス・アマゾンや中南米、中近東、西欧、アジア等50カ国をヒッチハイク等で遊学、野生動物を視察)

東京外国語大学フランス語学科国際関係課程卒業

(住友商事、ソニー、本田技研工業、日産、富士通、新日鉄等から内定をもらい、誘われるが、開発途上国の食生活を少しでも豊かにしたいという思いから世界最大のアミノ酸企業の味の素に就職決定)

★味の素㈱ 入社

・・・アトピー用アミノ酸系低刺激シャンプーなどのアミノ酸系原料の国内海外営業およびマーケティング

★タイ味の素㈱ 駐在

・・・・タイ国にて、単身でアトピー用アミノ酸系低刺激シャンプーなどのアミノ酸系原料市場開拓と事業部立上げ

★ソニー㈱ 本社 入社

・・・エナジー海外事業部海外営業部係長・・・「韓国のLGや現代Hyundaiなど財閥向け携帯電話用リチウムイオン電池の法人営業(年商80~150億円)

★動物の命を救う仕事をしたいため、北海道にて獣医学部に入学し、獣医師免許取得
(がんばる獣医学生家庭教師の会設立)

★愛知県にて獣医師として勤務
・・・一日に、30~70件の診察と2~4件の手術を担当

★往診専門動物病院タガワ アニマル クリニック設立

★往診専門動物病院タガワ アニマル ホームドクターに改名

★動物病院を生駒市に設立し、「往診もする動物病院 タガワアニマルホームドクター」とする

現在に至る



最新コメント



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



FC2カウンター

現在の閲覧者数:



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



フリーエリア



FC2ブログランキング

↓ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking



ペッツファースト

ペットショップ p's-first



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Gちゃん、本日退院!

本日、約40kg弱のラブのGちゃんが退院していきました!

実は・・・当院は12月2日に正式開院予定でした。
でも、その二日前の11月30日の朝、奈良県とはいえ、ほぼ三重県に近い山奥で暮らしておられるUさんから
突然電話がありました。

縁あって、ちょうど二年半前から往診させてもらっているお家です。
ほぼ三重県に近く、当院からも1時間以上かかるような山奥です。

お話を伺うと、数日前に山道を散歩中に、ネズミかなにかの生き物の内臓が落ちていて、それを舐めてから
調子が悪くなった?とのこと。

確かに、混合ワクチンも打っていませんので、伝染病の可能性も大。
でも、10才で避妊をしていないラブちゃん。「子宮蓄膿症の可能性もあるなぁ」「腎不全は?」
とも思った私でした。

とりあえず、30日の昼過ぎ到着。早速、血液検査とエコーを当ててみると、
やはり子宮蓄膿症。。。

ただ、当院はまだ新本院の開院の二日前で、バタバタしており、手術器具もまだ完全に揃っていません。

あたふたしたあげく、知り合いの先生の動物病院で手術をさせてもらうことになりました。
快諾していたその先生には、感謝の言葉もありません・・・

2時間あまり当院点滴をした後、飼い主様の車でその知り合いの獣医さんのところへ搬送してもらいました。

ただ、体重約40kgでしたので、いろいろと手術も大変でしたが、無事終え、
その後、当院で入院していました。

手術後、貧血や白血球上昇もありましたが、本日無事退院していきました。

飼い主のUさんが(言葉にはそんなにあらわさないのですが)、わが子のように本当に大事にされているのが私にはひしひしと伝わってくるので、一緒に手術をした後輩獣医師にも「絶対失敗は許されないから。飼い主様は、本当に大事に飼っておられるからね!」とオペ前に何度も念押しをしていました。

当院の入院一号で開院直前の大変な時期ではありましたが、貧血や白血球上昇を無事乗り越え、今日は、迎えに来た飼い主様を目前にし、尻尾を振って激しくケージに打ち付けていた姿が印象的で、本当によかったと思えた一日でした。

やはり家族なんですね・・・おそらく彼らの存在が飼い主さんの心の支えになっているんだなぁ・・・とつくづく思った一日でした。本当に、元気に帰ってくれて良かった・・・

これからも、飼い主さんとその家族であるペットだけをみて突き進んでいこうと自身で再確認した一日でした。
G君は、本院開院直前にオペとなった、開院オペ第一号ですので、一生このことは忘れないでしょうね!
スポンサーサイト

テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://104733.blog41.fc2.com/tb.php/54-6a5accaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。