FC2ブログ
往診もする動物病院 獣医師ドクタータガワの往診日記 タガワアニマルホームドクター エリア(奈良市 生駒市 四条畷市 木津川市 精華町 天理市 大和郡山市)犬猫 フロントライン フィラリア 予防
旧 往診専門動物病院 タガワ アニマル ホームドクター (旧タガワ アニマル クリニック)  電話 0743-71-2424 (おなじみなワン!24時24時) 090-8549-9179 tagawaanimalhomedoctor2@ybb.ne.jp

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロクランキングに参加しています! 出来れば、時間のあるとき、クリックしてもらえると助かります!



最新記事



プロフィール

morukichi

Author:morukichi
★1985年 3月

奈良県立 奈良高校卒業

★1985年 4月

東京外国語大学入学 フランス語学科入学

(在学中に1年休学し、ガラパゴス・アマゾンや中南米、中近東、西欧、アジア等50カ国をヒッチハイク等で遊学、野生動物を視察)

東京外国語大学フランス語学科国際関係課程卒業

(住友商事、ソニー、本田技研工業、日産、富士通、新日鉄等から内定をもらい、誘われるが、開発途上国の食生活を少しでも豊かにしたいという思いから世界最大のアミノ酸企業の味の素に就職決定)

★味の素㈱ 入社

・・・アトピー用アミノ酸系低刺激シャンプーなどのアミノ酸系原料の国内海外営業およびマーケティング

★タイ味の素㈱ 駐在

・・・・タイ国にて、単身でアトピー用アミノ酸系低刺激シャンプーなどのアミノ酸系原料市場開拓と事業部立上げ

★ソニー㈱ 本社 入社

・・・エナジー海外事業部海外営業部係長・・・「韓国のLGや現代Hyundaiなど財閥向け携帯電話用リチウムイオン電池の法人営業(年商80~150億円)

★動物の命を救う仕事をしたいため、北海道にて獣医学部に入学し、獣医師免許取得
(がんばる獣医学生家庭教師の会設立)

★愛知県にて獣医師として勤務
・・・一日に、30~70件の診察と2~4件の手術を担当

★往診専門動物病院タガワ アニマル クリニック設立

★往診専門動物病院タガワ アニマル ホームドクターに改名

★動物病院を生駒市に設立し、「往診もする動物病院 タガワアニマルホームドクター」とする

現在に至る



最新コメント



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



FC2カウンター

現在の閲覧者数:



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



フリーエリア



FC2ブログランキング

↓ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking



ペッツファースト

ペットショップ p's-first



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


奇跡の生還!

ハスキーのP君、奇跡の復活
 ←ブログランキングに参加しています! 励みになりますので、ワンクリックお願いします。


昨年の10月末、初診の方から電話がありました・・・「遠いけど、往診してくれるんですか?」

2日前から調子が悪くなり、立てなくなったとのこと。
16歳のハスキー犬のP君です。

行ってみると、、、
横たわって、立ち上がれず、首をかすかに持ち上げるのが精一杯。

よく診て行くと、精巣が通常の10倍近くまで腫れあがり、背中やお尻、精巣の周辺には、数々の褥創(じょくそう)(=床ずれ)があり、

しかも、その褥創や精巣の周囲には、うじ虫がわんさかと湧き出ています。
まず、そのうじ虫を、ぬるま湯をかけながら、一匹ずつ手で取り除いてあげました。
(数えていませんが)おそらく、300匹以上いたと思います。

こういうケースでは、うじ虫は、捕っても捕っても次から次からへの、どこからともなく出現してくるんです。まるでイタチゴッコのように。。。

正直私は、うじ虫が嫌いで、触るのも嫌なのですが、目の前で、苦しそうに横たわっているP君を見ると、なんとかしてあげたいという思いから、必死に捕っていました。いつのまにか2時間ほど経っていたと思います。外飼いの子なので、日没までが勝負です。

なんとか日が暮れるまでに、ほとんどのウジを捕り、血液検査用の採血を済ませ、点滴をしてあげました。あとは、飼主さんにお願いしました。回復するまで、家の中に上げて欲しいと。
(でないと、またウジが褥創にたかってくるのは目に見えていましたから・・・)

血液検査の結果は、細菌が血液中に繁殖している「敗血症」でした。
また、精巣に菌が繁殖している「精巣炎」です。

正直、初めて診た時は、厳しいかなぁ、と思いました。
体も起こせず、下半身は褥創とウジだらけ。
でも、あきらめず治療を開始することにしたのですが、
初診の点滴の次の日から、(まだ起き上がれませんが)だいぶ元気になってくれました。
年齢は16歳と高齢でしたが、幸い食欲だけはまだありましたから。

敗血症と精巣炎も治り、なんとか一命を取り留めたP君でしたが、直後から、「アジゾン病」というちょっと特殊なホルモンの病気を発症してしまいました。

血糖値が上がらず、電解質のバランスが崩れる病気です。

なので、そこからがまた大変。。。
食欲はあるものの下半身がやせ細り、上半身を起こすのがやっと。
いろいろと薬を工夫してあげ、飼主さんにリハビリにも協力して頂きました。

そのかいあって、昨年暮れには、なんとか自力でも立ち上がれるようになり、散歩で坂道も登れるようになりました!やったぁ~

しかも、年明け早々の往診時には、なんと、サークルから脱走して行方不明になる位(結局かなり遠くまで行っていたようです)。

今は写真のように顔色もよく、一人で立ち上がれるP君です。

こうやって元気になってくれる子を見ると、本当に嬉しいし、獣医師としての達成感もありますね!

がんばれ、P君!もうすぐ17歳だけど、長生きしてくださいね!

 ←ブログランキングに参加しています! 励みになりますので、ワンクリックお願いします。















スポンサーサイト

テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://104733.blog41.fc2.com/tb.php/7-d68e0c1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。