FC2ブログ
往診もする動物病院 獣医師ドクタータガワの往診日記 タガワアニマルホームドクター エリア(奈良市 生駒市 四条畷市 木津川市 精華町 天理市 大和郡山市)犬猫 フロントライン フィラリア 予防
旧 往診専門動物病院 タガワ アニマル ホームドクター (旧タガワ アニマル クリニック)  電話 0743-71-2424 (おなじみなワン!24時24時) 090-8549-9179 tagawaanimalhomedoctor2@ybb.ne.jp

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロクランキングに参加しています! 出来れば、時間のあるとき、クリックしてもらえると助かります!



最新記事



プロフィール

morukichi

Author:morukichi
★1985年 3月

奈良県立 奈良高校卒業

★1985年 4月

東京外国語大学入学 フランス語学科入学

(在学中に1年休学し、ガラパゴス・アマゾンや中南米、中近東、西欧、アジア等50カ国をヒッチハイク等で遊学、野生動物を視察)

東京外国語大学フランス語学科国際関係課程卒業

(住友商事、ソニー、本田技研工業、日産、富士通、新日鉄等から内定をもらい、誘われるが、開発途上国の食生活を少しでも豊かにしたいという思いから世界最大のアミノ酸企業の味の素に就職決定)

★味の素㈱ 入社

・・・アトピー用アミノ酸系低刺激シャンプーなどのアミノ酸系原料の国内海外営業およびマーケティング

★タイ味の素㈱ 駐在

・・・・タイ国にて、単身でアトピー用アミノ酸系低刺激シャンプーなどのアミノ酸系原料市場開拓と事業部立上げ

★ソニー㈱ 本社 入社

・・・エナジー海外事業部海外営業部係長・・・「韓国のLGや現代Hyundaiなど財閥向け携帯電話用リチウムイオン電池の法人営業(年商80~150億円)

★動物の命を救う仕事をしたいため、北海道にて獣医学部に入学し、獣医師免許取得
(がんばる獣医学生家庭教師の会設立)

★愛知県にて獣医師として勤務
・・・一日に、30~70件の診察と2~4件の手術を担当

★往診専門動物病院タガワ アニマル クリニック設立

★往診専門動物病院タガワ アニマル ホームドクターに改名

★動物病院を生駒市に設立し、「往診もする動物病院 タガワアニマルホームドクター」とする

現在に至る



最新コメント



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



FC2カウンター

現在の閲覧者数:



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



フリーエリア



FC2ブログランキング

↓ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking



ペッツファースト

ペットショップ p's-first



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Gちゃんとの出会いは・・・

P1010418縮小版

今回は、以前にも登場したGちゃんのことを書きます。
二年前の当院開院直前2日前に、子宮蓄膿症の緊急手術をして命拾いをしたラブちゃんです。

早くに脱サラされ、山辺郡の山奥で、大きな丸太小屋の家を建てられ、農業や焼き物をされている飼い主様の家にGちゃんは住んでいます。

そのオーナーさんは、多才な方で、その大きなペンションのようなお家には、暖炉があり、自家製のゆずコショウなんかも造られてしまいます。山奥で農業もされていて、サルやイノシシが出没するようなところらしいです。

そんな恵まれた環境で、やさしい御両親の元、日々幸せな生活を送っています。
都会の喧騒から離れ、自然がいっぱいの中での生活、本当にうらやましい限りです!


娘さんからの紹介で初めて往診したのは、3年前の2009年5月。
山奥のため往診で予防関連をして欲しいとの依頼でした。
当時の体重は45.5kg。かなりのものです。

ドアを開けた瞬間に、その大きな体で吠えながら襲ってきました。思わず、妻と私はドアを閉めて、庭に逃げ出したのを覚えています。

飼い主さまに聞くと、
やはり同じ空間に絶えずいるので、人間のものを欲しがるので与えておられたようでした。
肥満による将来の病気のリスク等をご説明しましたが、「あまり聞きたくない」ような感じでした。
とりあえず、ダイエットに最も効果のある処方食を食べてもらうことにしました。

それからは、その処方食をずっと食べておられたのですが、やはり人間のものも混ざっているようで、40kg前後を維持していました。

時間が経ち、2年前の2010年11月30日に、子宮に膿がたまる病気になり緊急手術(前述)。

その後、また元気に過ごしていました。
ところが、今年の7月4日、1時間以上の道のりを越えて、急に病院にやってこられました。
「昨日の夕方から息づかいが荒く、散歩に行きたがらない。後ろ足が歩くときによろめく。風邪かと思い、人間用の抗生剤を飲ませてみたが、改善しない。」とのこと。

歩かせてみると、後ろ足を挙げて歩かず、地面をするような歩き方でした。
早速レントゲンを撮ってみると、
案の定、股関節形成不全という病気のため、股関節(こかんせつ)のつなぎ目がボロボロになっていました。ラブの犬種には遺伝的に多い病気です。特に体重が重い犬ちゃんは、股関節への負担が大きく、発症しやすいのです。

すぐに痛みと炎症を抑えてくれる注射を打ち、飲み薬を出しました。もちろん体重を減らすことと安静を伝えて。

ところが、2日後の7月6日。
電話が入り、「4日の日は注射を打ってもらい、自宅に戻る頃にはかなり改善し、快適に歩けるようになっていた。ところが、昨日の5日夕方、お庭に排便と排尿を済ましに行った直後、後ろ足に全く力が入らなくなって、足の投げ出すような状態になってしまったとのこと。

急ぎ病院に来てもらったところ、体重が重いせいで、股関節だけではなく、脊髄神経(背骨の神経)までやられてしまったため、後ろ足に麻痺が出てしまったのでした。
更に、おしっこを出すための神経も脊髄神経から来ているので、昨日からおしっこが一切出ていないとのこと。

膀胱が破裂しては大変なので、急遽エコーで確認しながら、針を膀胱に刺して抜きました。
飼い主様に手術の選択肢と以前から当院でダックスで成功している内科的な治療法の選択肢があることを告げると、「ある本に手術の成功率があまり高くないことが書いてあった。高齢でもあるので、もし治らなかったら、夫婦で頑張って介護していくので、先生ところの独自の手法でやって欲しい。」とのことでした。

入院してもらい、内科治療でトライすることになったのですが。神経が麻痺している上、体重が重いので、大変です。スタッフ皆が、うんことおしっこまみれ。その巨体を持ち上げるのも一苦労です。おしっこが自分で出せないので、エコーと針で抜き、途中からは尿カテーテルを入れて管理していきました。
スタッフの皆も嫌がらず、休日返上でよく協力してくれました。


↓入院中のGちゃん
P1010421縮小版
P1010422縮小版


5日間集中的に内科治療を試みたところ、徐々に改善し、後ろ足も動かせるようになり、補助をしてあげれば、歩けるようにもなりました。
順調なので、6日目に薬を弱いものに変更してみたところ、やはり後ろ足のふらつきが増すことがわかりました。

これ以上続けるべきかどうか迷います。今までのダックスのパターンだと、このまま順調に治ってくれたのですが・・・。やはり体重の重いラブではダメなのか・・・


なんとか立てるようになったGちゃん!
P1010419縮小版
P1010420縮小版



薬の副作用が出てくる可能性も含め飼い主さんと相談したところ、「あと5日間治療を継続して欲しい」とのことでした。
私たちスタッフも更に5日間全力で取り組むことにしました。
そして、介助あれば歩ける状態までにして、15日に退院となりました。
もちろんご自宅での投薬は継続です。ただ、まだ自分でおしっこを出せないので、尿カテーテルは付けたままです。

その後数日間はお電話で様子を伺うことにしましたが、足の麻痺はなくなったまま維持できており、退院4日後の19日にはカテーテルをはずしてもらったところ、自分でおしっこが出せたとのこと。私も大喜びで、電話を受けて、思わず小躍りしてしまいました!

あとは、自宅での内科治療を継続してもらいつつ、体重を減らし、安静を保ってもらうことにしました。時々通院してもらい。
でも、飼い主さんにとって何がつらいかというと、同じ空間にいて、食べ物を欲しがる中、自分たちだけ食べるのが心苦しいとのこと。
いやいや、あの痛みとおしっこが出せない辛さを思い出してください。頑張ってダイエットしていきましょう!と励ましつつ、本格的なダイエットにも取り組んでもらうことにしました。
スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://104733.blog41.fc2.com/tb.php/82-4c4147df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。