FC2ブログ
往診もする動物病院 獣医師ドクタータガワの往診日記 タガワアニマルホームドクター エリア(奈良市 生駒市 四条畷市 木津川市 精華町 天理市 大和郡山市)犬猫 フロントライン フィラリア 予防
旧 往診専門動物病院 タガワ アニマル ホームドクター (旧タガワ アニマル クリニック)  電話 0743-71-2424 (おなじみなワン!24時24時) 090-8549-9179 tagawaanimalhomedoctor2@ybb.ne.jp

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロクランキングに参加しています! 出来れば、時間のあるとき、クリックしてもらえると助かります!



最新記事



プロフィール

morukichi

Author:morukichi
★1985年 3月

奈良県立 奈良高校卒業

★1985年 4月

東京外国語大学入学 フランス語学科入学

(在学中に1年休学し、ガラパゴス・アマゾンや中南米、中近東、西欧、アジア等50カ国をヒッチハイク等で遊学、野生動物を視察)

東京外国語大学フランス語学科国際関係課程卒業

(住友商事、ソニー、本田技研工業、日産、富士通、新日鉄等から内定をもらい、誘われるが、開発途上国の食生活を少しでも豊かにしたいという思いから世界最大のアミノ酸企業の味の素に就職決定)

★味の素㈱ 入社

・・・アトピー用アミノ酸系低刺激シャンプーなどのアミノ酸系原料の国内海外営業およびマーケティング

★タイ味の素㈱ 駐在

・・・・タイ国にて、単身でアトピー用アミノ酸系低刺激シャンプーなどのアミノ酸系原料市場開拓と事業部立上げ

★ソニー㈱ 本社 入社

・・・エナジー海外事業部海外営業部係長・・・「韓国のLGや現代Hyundaiなど財閥向け携帯電話用リチウムイオン電池の法人営業(年商80~150億円)

★動物の命を救う仕事をしたいため、北海道にて獣医学部に入学し、獣医師免許取得
(がんばる獣医学生家庭教師の会設立)

★愛知県にて獣医師として勤務
・・・一日に、30~70件の診察と2~4件の手術を担当

★往診専門動物病院タガワ アニマル クリニック設立

★往診専門動物病院タガワ アニマル ホームドクターに改名

★動物病院を生駒市に設立し、「往診もする動物病院 タガワアニマルホームドクター」とする

現在に至る



最新コメント



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



FC2カウンター

現在の閲覧者数:



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



フリーエリア



FC2ブログランキング

↓ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking



ペッツファースト

ペットショップ p's-first



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


母校の京西中学の同級生が、31年ぶりに、飼い犬のT君と一緒に相談に来ました!

またまた忙しく、ブログをさぼっていました~

なので、ずっと遡って、いろいろと書いていきたいと思います。

私は奈良市の片田舎の公立の京西中学というところに通っていました。
まだ創立2~3年目の新しい学校でした。

そんな田舎の中学で軟式テニス部(今でいうソフトテニス部)に入部しました。
先輩方はすごーく強く、奈良市のもう一つのマンモス中学の三笠中学(←当時全国優勝もした学校です)というところと毎年県大会の優勝カップを奪い合うほどでした。

当時のそういうスポーツの強い中学というところは、今では考えられないほど厳しい(暴力的?)で、お尻が腫れるほどのケツバットが日常的だったり、顧問の先生に大きなスコップの金属部分で頭を殴られ、頭から血を流していたりと・・・今では考えられないようなことが日々起こっていました。
そんな中で私も耐え、1年では最下位の6番手前衛から、2年生からは晴れて前衛の2番手レギュラーとしてそれなりに活躍はできました。今では良い思い出です。
そういういわゆる体育会にいたので、根性だけはかなり育成されたように思います。

その当時、一緒にテニス部にいた友人にO君がいました。中学卒業と同時に、彼は郡山高校という学校に、私は奈良高校という学校に、と違った学校に進学したため、それっきり会おうこともなくなりました。

ところが、今年の3月に、いきなりメールが来て、「飼い犬のことで相談に乗ってほしい」とのこと。まさに中学卒業後31年ぶりです。「どうして?私のことがわかったのか?」と尋ねると、今は便利な世の中ですね。FACEbookで私を見つけてくれたようです。

早速、診察に来てもらいました。
事情を聴くと、飼い犬のT君が2~3年前から後ろ足をなめてなめて皮膚が赤黒くなって、固くなっているとのこと。動物病院を転々としているが病気の原因がわからず、おそらく最後に行った病院ではストレスだろう。。。とのこと。
彼曰く「ストレスだと言われてしまうと、もうどうしようもなくなり、もう半年以上動物病院にも行っていなかった。」とのこと。

結局、彼は、夜中じゅう、T君が足をなめないように、その赤黒くなった部分を自分の手で握って舐めれないようにしていたようです。

この話を聞いて、彼のT君への愛情の深さがよく伝わってきます。


20130913170520縮小版
20130913170628縮小版




さて、治療についてですが、いつも飼い主さんからのお話や診察から、いくつかの仮説を立て、それを確定するための検査をしていきます。
今回は、一般の血液検査もせず、総合的に判断した仮説に基づいて検査をしてみることを提案しました。
すると、仮説通りの病気でした。2つの病気が重なっていたのです。

診断に基づいて治療をしていくと、T君は足をなめなくなり、みるみる皮膚病も回復していきました。また治療によって活力も出てきたようです。

このように、長く苦しんでいた犬ちゃんとその飼い主さんの悩みが解決し、明るい笑顔で動物病院に来てもらえるようになることが獣医師としての最大の生き甲斐ですね。


↓治療途中の写真ですが、足を全くなめなくなったので、色素だけが残り、赤黒い腫れや膿はなくなっています。固く象の皮膚のようになっていたのが、やわらかい皮膚に戻りました。今では毛も生えてきています。3年間の苦しみから卒業ですね。

20130913174944縮小版

スポンサーサイト

テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://104733.blog41.fc2.com/tb.php/91-65fe1098
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。